MGシナンジュ、ロールアウト!

みなさんこんにちは!

なんとか撮影大会も終了し、
ようやくMGシナンジュの完成報告の準備が整いました☆(人´∀`)

今回の製作で目指したのは、ずばり『高級感』です。
ただでさえ、その派手な装飾と独特のフォルムで
全身から際立った存在感を放つシナンジュですが、
その存在感を模型的によりラグジュアリーな雰囲気に表現するには?
という課題を設け、次の2点に留意して製作を進めました。

①質感にこだわる。
②ディテールにこだわる。


①に関しては主に本体レッドの色味とツヤの仕上がりについての課題です。
こちらに関しては、今回はアニメ版の劇中イメージを重視して、
真紅のボディをツヤ有りで塗装することとしました。

②は、シナンジュ最大の見せ場でもあるエングレービング部分の表現についての課題です。
この課題に関する結果は以前の記事で詳しく述べておりますが、
ゴールド塗装した上にエナメルブラックを乗せ、装飾部分のブラックを拭き取るという方法を実施しました。
結果、この方法はマスキングに比べて大変効率良く且つ、綺麗に仕上げることに成功しました!
エングレービングの塗装が苦手な方には是非参考にして頂きたい方法です☆

というわけで、今回のシナンジュは高級感あふれる機体というコンセプトで製作しております!

次に、改修ポイントなのですが、
プロポーションに関してはベストと言ってもいいくらいの素晴らしさだと感じましたので、
今回は特に手は加えておりません。
最低限やっておきたい部分改修とディテールアップに力を入れました。
作業内容は以下の通りです。

①首を2.5ミリ延長
②腕部・脚部の各所を開口してディテールアップ
③各バーニアの内部を新造・二重化


元が素晴らしい出来のキットなので、細かい部分のディテールを加えてあげると
更に完成度がアップします。
首は少し短いと感じたので、延長してアゴを引けるように改修しております。

それではMGシナンジュ、ご覧ください!

WS000075_20111102115232.jpg

まずは正面。まさにベストプロポーション!と言っても良いのではないでしょうか!
pict-OKIMGP2960.jpg

背面。このアングルもシナンジュの魅力を存分に発揮しています!
pict-OKIMGP2967.jpg

首を延長したので顎を引いたポージングも自然に行えます。
pict-OKIMGP2959.jpg

以下、アクションポーズです♪
MGシナンジュは可動範囲も広く武装も豊富なのでポージングの幅はかなり広いですよ!
pict-OKIMGP3044_20111102121047.jpg

ただし、ABS関節はかなりキツめなので、あまり快適には動かせません(⌒_⌒;
pict-OKIMGP2975.jpg

巨大なシールドがショルダー裏の隠しフックに装備出来るのがナイスですね!
pict-OKIMGP2979.jpg


pict-OKIMGP2977.jpg

pict-OKIMGP2984.jpg

バーニア内部は全て二重化してディテールアップしています。
pict-OKIMGP2988.jpg

ビームライフルはグレー数色とメタリック塗装で質感の違いを表現。
それにしてもシナンジュのライフルってカッコ良過ぎる!グレネードを装備出来るのも◎
全MSのライフルの中で一番好きなデザインです!バランスが最高ですね!
pict-OKIJIMGP2983.jpg

pict-OKIMGP2993.jpg

pict-OKIMGP3000.jpg

pict-OKIMGP3003.jpg

pict-OKIMGP3006.jpg

pict-OKIMGP3010.jpg

ビームサーベルはグラデーション塗装で温度差を表現してみました。
pict-OKIMGP3013.jpg

ノーム隊長の斬撃をガードしたシーンの再現。あのシーンはどちらもカッコ良かったですね!!
pict-OKIMGP3020.jpg

pict-OKIMGP3021.jpg

pict-OKIMGP3029.jpg

pict-OKIMGP3033.jpg

pict-OKIMGP3031.jpg

ユニコーンといいシナンジュといい、この袖からのビームサーベルの展開は最高にシビれます!
pict-OKIMGP3034.jpg

極め付けはシールドごと巨大武器にしてしまうこの攻撃!
pict-OKIMGP3039.jpg

敵MSを串刺しにするイメージで(≧∇≦)
pict-OKIMGP3043.jpg

以上、MGシナンジュでした!
ご覧頂きましてありがとうございます!

ところで、このシナンジュ、個体差もあるかもしれませんが、
ライフルのグリップの溝と掌のダボを噛み合わせるのがかなり難しく、
ライフルをしっかりと持たせるのが一苦労でした(´ヘ`;)
そこで、その部分に対する私なりの対策を考えてみましたので、
最後に記しておこうと思います。

その対策とは、無理にダボにはめるのではなく、
指だけでライフルを固定させるという方法
です。
ポイントは以下の3点です。

①人差し指をなるべく上に向けてライフルが下を向かないように抑える。
②親指でその人差し指の向きをがっちり固定させる。
③他の指でグリップのブレを防ぐ。


文章だけでお伝えするのは少し難しいので、
下図を参照していただければ幸いです。
WS000076_20111102192055.jpg
どうでしょう?
この方法でライフルを持たせれば、
無理にダボをはめなくてもしっかりとライフルを持たせることが可能になります。
もしライフルを持たせるのに苦労されている方がいましたら、是非お試しください(´▽`)b

さて、このMGシナンジュですが、
本日より秋葉原にあるレンタルケースショップ
アストップラジオ会館店Z-1のケースに
以前製作したMGユニコーンと共に出展しております!
よろしければ是非実物もご覧ください!
ご意見ご感想など頂けると幸いです!

また、模型投稿サイトの『モデラーズギャラリー』にも参加しておりますので、
そちらもよろしくお願い致します☆

それでは、次回作も頑張ります!

ありがとうございました(≧∇≦)ゞ







スポンサーサイト

シナンジュ完成間近!

みなさんこんにちは!

只今製作中のMGシナンジュですが、
いよいよ残る工程はスミ入れと部分塗装・最終トップコートのみとなりました!
ちなみに、今回のシナンジュも前回のユニコーン同様、
アニメ版をイメージしてデカールレス仕様で完成させます。
自分の中の目標では1週間以内で完成させる予定だったのですが、
ちょっと無理でしたねぇ(;´▽`A
おそらく今夜中には仕上がりますので、
撮影大会が終わり次第、完成画像アップいたします(≧∇≦)
pict-IMGP2949.jpg

さて、
とうとう発売になりましたね!MGサンドロック!
もちろん発売日にゲットしましたよ☆
pict-IMGP2948 - コピー
まだランナーと説明書を眺めただけですが、期待通りの素晴らしいキットですね!
これまでのMGWシリーズ同様、
色分けもほぼ完璧だし合わせ目処理も殆ど不要!
そしてプロポーションも申し分なしです!
更に、肩には『マント取り付け基部らしきギミック』も見受けられます!
これはカスタムのキット化を見越してのことだと思われますね!(たぶん)
カスタムのデザインはアーリーモデルのマイナーチェンジ版という位置づけなので、
製品化するのもそんなに難しくはないでしょう!(きっと)
なにはともあれ、早くシナンジュ仕上げてサンドロックの製作に移りたいと思います\(○^ω^○)/

ところで、この人たちのキット化はいつなの、バンダイさん!(σ゜д゜)σ
ほら、パッケージからも聞こえてくるでしょう。。。彼らの、魂の叫びが!!
WS000072_20111031141107.jpg

ではまた!(゚▽^*)ノ

エングレービングエクスタシー☆

みなさんこんにちは!

次回作のMGシナンジュですが、
時間の許す限りひたすら作業を進めて、
何とか昨日で表面処理を完了し、
本日から本塗装に入っております!

パーツ数が多く、諸々の処理が大変ですが、
このキットの完成後の素晴らしさを知っているので、
なるべく早く仕上げたいと思っています♪

ところで、私はシナンジュの塗装をする時は
まず始めにエングレービング(装飾部分)のパーツを仕上げて
気分を盛り上げてから他のパーツの塗装に取り掛かることにしています(≧∇≦)
理由はいたって簡単、超面倒!だからです(笑)
手間のかかる作業ほど後に残しておくと気分が滅入るので、
真っ先にやっつけてしまった方が精神衛生上プラスというものです(´▽`)b

というわけえで、
今回も例に違わず、エングレービングの塗装から開始しております♪
私は過去のシナンジュの製作ではエングレービング部分の塗装は、
HG・MG問わずマスキングで塗り分けしていたのですが、
今回は以前掲載されていた雑誌の作例を参考にして、
ちょっとやり方を変えてみました。

手順としては、
まずパーツを全てゴールドで塗装してクリアーコーティングで塗膜を保護します。
次に、エナメルブラックを全体に乗せて充分に乾燥させます。
そして、本来ゴールドであるエングレービングの部分のブラックを丁寧にふき取り
最後に全体をクリアーコーティングして完了です!
下の写真が仕上がりの様子です!

左がゴールドの上からエナメルブラックを乗せた状態。右がブラックを拭き取った状態です。
pict-okIMGP2929.jpg
どうでしょう!
かなり綺麗に塗り分け出来てると思いませんか!?

こちらが完成後のパーツ群です☆ んん~気持ちイイ!!
pict-okIMGP2932.jpg

この紋章こそシナンジュの命!
pict-okIMGP2933.jpg


個人的な感想では、
こちらのやり方の方が、マスキングより圧倒的に楽!でした!(ノ≧∀≦)ノ
マスキングはマスキングで、最後に剥がして綺麗に塗り分けられていた時の感動がありますが(笑)

シナンジュは好きだけど、
エングレービングの塗装があるからどうしても敬遠してしまう
。。。という方も、
この方法ならかなり楽に塗装できると思います!
これからシナンジュを製作してみようと思っている方は是非一度お試しください☆
ちなみに、私はエアブラシ塗装ですが、筆塗りでも十分通用する方法だと思います(`▽´)

以上、シナンジュ途中報告でした!
引き続き頑張ります(人´∀`)☆

次はコレ!

みなさんこんにちは!

MGサンドロックの発売が迫りワクワクしている熊太郎です☆

再来週11/12日(土)はいよいよガンダムUCepisode4の公開日ですね!
旧ジオン系MSの活躍や動いているジェスタが早く見たくて仕方ありません(≧∇≦)
そして、二人のキャプテン、ジンネマン大尉とブライト大佐の活躍も楽しみですね!
ユニコーン熱はますます盛りあがる一方です(〃゚∇゚〃)

そんな訳で、次回作は赤いコイツで行きますヨ!
pict-IMGP2927.jpg

以前作ったMGユニコーンとセットで並べたいので、
迅速かつ丁寧に仕上げたいと思います☆
サンドロックも控えてますしね(笑)

それではMGシナンジュ、気合い入れて頑張りますので、どうぞお楽しみに!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。