MGウィングガンダムEW - Rollout -

みなさんこんにちは!

MGウィングガンダムEWとうとう昨夜完成致しました☆(≧∇≦)ゞ ☆
応援して頂いた皆様、本当にありがとうございます<(_ _)>

今回のアーリーウィングは少し前のキットなので、
最新のWシリーズキットと比べてしまうと、
どうしても多少組みづらさを感じてしまう部分もありますが、
それでもプロポーション、ギミック、武装、パーツ分割などは今見ても
全く問題ないどころか、非常に素晴らしい出来だと思います☆

今回改修した部分は以下の通りです。
①フェイス部後ハメ加工
②ウィング一部後ハメ加工&段落ち処理
③バスターライフルのエネルギー・カートリッジ取り付け位置角度の変更
④胸部センサー二重化
⑤肩関節の可動範囲拡大加工

プロポーションに関しては全く問題がありませんでしたので、
細かい部分のディテールアップや可動範囲の拡大処理などを中心に行いました。

カラーリングに関しては、設定カラーが気に入っているので、
配色はほぼ設定どおりに行いました。
ただ、脚部がホワイト一色では少し間延びしてしまうと感じたので、
膝パーツをブルーに変更してアクセントとし、全体のカラーリングに馴染ませました。

というわけで、説明はこれくらいにして早速完成写真をご覧頂きたいと思うのですが、
実は今回アクションポーズをまだ撮っておりません(;´▽`A
何故なら、RGフリーダムを早く組みたいからです!(笑)
なので、今回は画像はとても少ないのですが、
フリーダムが完成したら、
アクションポーズもちゃんと撮影してアップしようと思っておりますので、
それまで今しばらくお待ちください!

それではどうぞ!

Title 『 - GUNDAM 01 - 』
WS000105.jpg

pict-okIMGP3380.jpg

pict-okIMGP3381.jpg

pict-okIMGP3388.jpg

以上です!
少なくてスイマセン(人ω<`;)
アクション編はまた後日必ずアップ致します♪

さて、トップの画像で何気にアピールしてますが、実は私、
次回のワンフェス(2012/2/12)もディーラー参加することが決定いたしました!
というわけで、ワンフェス出品作品の第1号はこちらのMGウィングガンダムEWになります☆

ディーラー名はブログと一緒で『ATELIER ARISTO』名義での参加ですので、
もし当日会場まで遊びに来られる方がいらっしゃいましたら、
是非お気軽にお立ち寄り下さい!
当日みなさまとお会い出来るのを楽しみにしております♪

ワンフェス関連の情報は近くなったら詳しくお伝えいたしますので、どうぞお楽しみに(≧∇≦)ゞ

それでは、次回はRGフリーダムの製作頑を張りたいと思います☆

最後までご覧頂きましてありがとうございました!!

スポンサーサイト

MGウィングガンダムEW -ACT4-

みなさんこんにちは!!

只今製作中のMGウィングガンダムEWですが、
昨晩基本塗装が全て完了いたしました♪ヽ(*´∀`)ノ
本音を言うとデカール貼りまでやりたかったのですが、
体力的に昨夜は断念致しまして、今夜デカール貼りを開始したところです!

DSC_0103.jpg

今回のデカールはキット付属のガンダムデカール及び市販デカールの組み合わせで行います。
キットには細かくてなかなかデザインの良いコーションシールも付属しているのですが、
いかんせんシールだと仕上がり後の段差がキツくなってしまうので、
ここは無難に市販デカールで対処していきたいと思います。

ところで、みなさんはガンダムデカール(ドライデカール)を貼る時は何でこすってますか?
私は今までつまようじや攪拌棒など、いくつか試してみたのですが、
一番楽に転写出来るのは間違いなくコイツです!
pict-DSC_0104.jpg
そうです。耳かきです!(にゃんまげには特に意味はありませんw)
この先端部分のゆるいカーブ安定感抜群の持ちやすさが決め手です☆
まさにドライデカールを貼るために作られたと言っても過言ではない!ってくらい転写しやすいですよ(笑)
ガンダムデカールで転写の失敗に悩まされてる方は是非試してみて下さい♪
耳かきの虜になること必至ですからw(≧∀≦)w
ちなみに、この耳かきは当然新品のものを使用してます!念のためw

さて、本日いよいよアイツが発売されましたね☆
私ももちろん今朝購入してきましたよ~∩(≧∇≦)∩
pict-IMGP3359.jpg
高級感漂うRGのパッケージは相変わらずカッコイイですね♪

まだまったく手を付けておりませんが、
ウィングが仕上がり次第、早速製作に入りたいと思っています☆
ところで、どうでもいい話なんですが、
RGはパーツが本当に細かいので、製作時は下に白い紙(プリント用紙など)
を敷いて作業をすると、思わぬ見落としなどが軽減出来て作業がはかどります
よ♪
私なんか最初にRGガンダムを製作した時、
飛んでいったパーツ探しに一体何時間費やしたか分かりません(笑)

というわけで、とりあえず今夜はウィングを仕上げることに集中したいと思います☆

それではまた(≧∇≦)ゞ


MGウィングガンダムEW-ACT3-&決定版!?フリーダム情報!!

みなさんこんにちは!!

何だか急に寒くなってきましたね。
実は私、完全に風邪をひいてしまいまして、かなり作業効率ダウンしてます(TwTlll)
夜中に窓全開で塗装作業してるのがいけないのでしょうけどね(; ̄ー ̄A

というわけで、現在製作中のウィングガンダムEW、昨日より塗装作業に突入しております!
pict-IMGP3357.jpg
理想としては、今夜中に塗装を終えてデカール貼りまで完了すれば御の字ってところでしょうか♪
何とか明日の夜までには仕上げたいと思っています☆

何故なら、明日はいよいよコイツの発売日だからですよ!!
WS000103_20111118212958.jpg
いやぁ、どうなんでしょうかねぇRGフリーダム!
EXPOで見たときはポージングによってプロポーションのバランスが
どうかなぁ、と感じる部分もあったりしたのですが、
それは実際に作ってからのお楽しみといったところです♪

そして!!
本日とても気になる商品の発表がありました!!
それは、今週末から開催される『TAMASHII NATION 2011』で詳細が発表される予定の
『METAL BUILD FREEDOM GUNDAM』です!!

何はともあれ、まずは画像を見て下さい!
WS000102_20111118212359.jpg
WS000101_20111118212359.jpg
WS000100.jpg

どうでしょう!!
これはかなり期待してもいいのではないでしょうか!?
まだ公式画像は2点しか公表されておりませんが、
この画像を見る限り、
すでに過去最高のプロポーション極めて良好な可動領域を見てとることが出来ます。
RGの完成度が未知数な今、
これはいよいよ決定版フリーダムの登場を予感してしまいます☆(≧∇≦)☆
プラモ派の私でも、これはさすがに買ってみようかと思ってしまうくらい魅力的なフリーダムですね!!
メタルビルドは第一弾のダブルオーセブンソードもかなり高い完成度を誇っていたので、
仕上がり具合が本当に楽しみです♪
魂ネイションで実物を見てきたらまた詳細をお伝えしたいと思いますので、どうぞお楽しみに☆

それにしても、ここにきてRG→メタルビルドとフリーダムの商品が立て続けに発表されると、
来年のリマスターをきっかけに、いよいよMGフリーダムVer.2.0への期待が高まってしまいます(//∇//)
初詣でお願いしようかな(笑)

それではまた(≧∇≦)ゞ

MGウィングガンダムEW - ACT2 -

みなさんこんばんは!

さてさて、昨日より製作中のMGウィングガンダムEWですが、
今夜は昨日の頭部の後ハメ以外の処理を中心に進めております♪

本日のメインはウィング部分の処理です。
ウィング部分は本体の白いパーツを分割して全て後ハメにするかどうか悩んだのですが、
強度的に不安の残る部分もあったので、後ハメは部分的に行うにとどめ、
その他の部分は段落ち処理としました。
パーツ毎の具体的な処理方法は下図の通りです。

WS000099.jpg
このウィング部分はとても複雑なデザインですが、パーツ分割は大変優れており、色分けは完璧です
各パーツにはヒケがあるので、しっかり処理しておきましょう☆

さて、ウィングの次は肩パーツの処理です。
こちらのパーツも色分けに関してはパーフェクトに分割されています。
ただ、キットのままだと先端がややもっさりしている感じがしましたので、
全体をやすりがけして形状を変更し、シャープに成形しました。
青いパーツに関してはグレーの関節パーツに挟み込む関係上、
関節パーツを塗装後にマスキングしてから取り付け→目消し→塗装という手順で進めることにします。

WS000097.jpg
それにしてもこのキット、素晴らしいパーツ分割ですね☆(*^ワ^*)

次は胸部センサーを少しディテールアップしてみたいと思います。
キット状態では内部にメタリックグリーンのシールを貼り、
その上からクリアーパーツを被せる仕様となっています。
このままでもそれなりに様にはなるのですが、
今回は一手間加えてセンサー基部中心を開口し、
その上に市販のクリアーパーツを設け
最後にキットのクリアーパーツを被せることで二重構造化してみました。
これだけでも見た目はかなりカッコ良くなると思います☆

WS000098.jpg

以上、今日の作業はこんな感じで進めております♪

この後はパーツの洗浄をしていよいよ塗装作業に入る予定です!
なるべく早めに完成させたいと思っておりますので、どうぞお楽しみに☆

それでは、最後までご覧頂きましてありがとうございました(≧∇≦)ゞ

MGウィングガンダムEW - ACT1 -

みなさんこんにちは!!

MGウィングガンダムEW、本日より製作開始いたしました(´▽`)b

アーリーウィング、めちゃめちゃカッコイイですね☆
パーツ分割もかなり細かいし、プロポーションも大変綺麗にまとめられています。

ただしこのウィング、少し前に発売されたキットであるため、
現行のMGWシリーズで共用されている
優秀なXXXGフレームは当然採用されておりません。
その関係上、何箇所かパーツのあわせ目消しが必要な部分が出てきます。
中でも必須部分として挙げられるのは、
①頭部②ウィング③肩部、以上3か所です。(まぁ、ウィングはフレームと関係ありませんが...笑)

XXXGフレームに慣れきってしまうと、
合わせ目消し処理さえ面倒に感じてしまいますがw、
ここは面倒がらずに正攻法で一つ一つ処理していくしかない所ですね(´ω`*)

というわけで、本日は①頭部の合わせ目消し処理から行いました。
頭部は中央でパーツが分割されておりますので、後ハメ処理した方が良いでしょう♪
方法は文章では分かりづらいと思いますので、画像と共にご覧頂きたいと思います(人´∀`)

まずは仮組み状態の頭部をご覧ください。超イケメン顔ですが中心にガッツリ合わせ目が来てますねぇ(´・ω・`;)
WS000094_20111115205745.jpg

それでは、後ハメ処理のためにパーツを分割してみましょう!
分割ラインはクリアーパーツのツインアイ部分より少し上
です。
WS000095_20111115205744.jpg

はい、これで後ハメが可能になりましたね♪
後は普通に目消ししてからフェイス部を下から差し込んで接着すればOKです☆
ちなみに、フェイス部は特に削り込まなくても首のポリパーツの角度を調節すれば滑りこませられます。
pict-WS000095.jpg

以上、頭部の後ハメ処理でした♪
全然難しい作業ではありませんが、これをやっておけば塗装も楽勝です!

というわけで、引き続き製作頑張ります☆

最後までご覧頂きましてありがとうございました(≧∇≦)ゞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。