突然ですが、GMサミット2011参戦します!(≧∇≦)ノ

みなさんこんにちは!
子供たちの夏休みも終わりに近づいてきましたが、
大人の皆さん方も今年の夏は思う存分ガンプラ製作楽しめましたでしょうか??

さてさて、次回作として製作していたジムVer.2.0なのですが、
私の愛読誌であります模型誌のモデルグラフィックス誌上にて開催される
ジム限定のコンテスト、その名も『GMサミット2011』に参戦することにいたしました☆
私が今回エントリーしたのはMG限定の塗装部門です。
この部門では『塗装』を重視して審査をするとのことなので、
カラーリングアレンジが好きな私にはうってつけのコンテストです(´▽`)b

というわけで、今回私が作製した作品の機体解説をさせて頂きたいと思います。
因みにカラーリングや設定は完全にオリジナルですので、ご注意くださいm(_ _)m

機体解説
RGM-79 GM (サウス・バニング機)
この機体はU.C.0079に勃発した1年戦争において、かつて『不死身の第4小隊』とよばれた
MS部隊の隊長、サウス・バニング中尉(当時)が使用していた機体とされる。
一般機との相違点として、パーソナルカラーの設定ランドセルのスラスター増設
シールド及びビームスプレーガンの追加武装が特徴として挙げられる。
戦時中のデータによると、バニング中尉はダブルシールドダブルビームスプレーガンという装備で、
まず自らが敵陣営へと高速突撃・標的となり、後方支援をチャップ・アデル少尉に任せ、
左右・後方に回ったベルナルド・モンシア中尉及びアルファ・A・ベイト中尉が敵機を囲い込み撃滅するという
戦術を得意としていたとされる。
この機体の特徴的なカラーリングについては、バニング中尉が旧世紀に存在した米海軍の戦闘攻撃飛行隊
『JollyRogers(ジョリー・ロジャース)』のカラーリングをモチーフにオーダーしたと言われている。
(一年戦争末期には連邦軍内部でも一部の突出したエースにのみ特例としてパーソナルカラーが認められていたと言われている。)
余談だが、、バニング機以下、不死身の第4小隊は、一年戦争の最終決戦、ア・バオア・クー攻略戦を
最後まで戦い抜き、全機が無事帰還している。
記録上、連邦軍の全部隊中、ア・バオア・クー攻略戦で全機帰還した部隊は
この第4小隊のみであったとされている。



pict-WS000013.jpg

UNARMED
pict-okIMGP0983.jpg

pict-okIMGP0959.jpg

pict-okIMGP0963.jpg

pict-okIMGP0923.jpg

pict-okIMGP0813.jpg

pict-okIMGP0961.jpg

With BEAM SPRAY GUN & SHIELD
pict-okIMGP1019.jpg

pict-okIMGP1022.jpg

With DOUBLE BEAM SPRAY GUN & DOUBLE SHIELD
pict-okIMGP1053.jpg

pict-okIMGP1051.jpg

With BEAM SPRAY GUN & HYPER BAZOOKA
pict-okIMGP1319.jpg

pict-okIMGP1330.jpg

pict-okIMGP1114.jpg

pict-okIMGP1116.jpg

pict-okIMGP1092.jpg

pict-okIMGP1102.jpg

pict-okIMGP1111.jpg

pict-pict-okIMGP1166.jpg

pict-ok4IMGP1156.jpg

pict-okIMGP1193.jpg

pict-okIMGP1187.jpg

pict-okIMGP1195.jpg

pict-okIMGP1232.jpg

pict-okIMGP1214.jpg

pict-okIMGP1215.jpg

pict-okIMGP1223.jpg

pict-okIMGP1224.jpg

pict-okIMGP1302.jpg

pict-okIMGP1258.jpg

pict-okIMGP1247.jpg

pict-okIMGP1242.jpg

pict-okIMGP1277.jpg

pict-okIMGP1286.jpg

pict-okIMGP1304.jpg

pict-okIMGP1281.jpg

製作過程
やすりがけ#400→#600→整面処理→パーツ洗浄→下地塗装→仕上げ塗装→
デカール貼り→クリアーコーティング

改修箇所
①全指独立可動化 ②ランドセルにバーニア2基追加 ③各バーニアの2重化・三重化

塗装データ
下地:Mr.サーフェイサー1000
本体ブラック:ウィノーブラック+ブラック小量
本体グレー1:エアクラフトグレー+ホワイト+ブラック
本体グレー2:ブラック+ホワイト+ニュートラルグレーⅢ+自家製グレー
関節:自家製ウォームグレー

製作解説
今回は1年戦争時にバニング大尉が使用していたジムというコンセプトで製作いたしました。
バニング大尉は実はかなりの戦闘機マニアで、エース機にパーソナルカラーが認められた際に、
迷うことなくお気に入りの『ジョリーロジャース』のカラーリングを希望した...という妄想設定ですW
私自身ジョリーロジャースが大好きなので、いつかMSもあのカラーで塗って見たい☆と思っていました。
Ver2.0のジムは、劇中の『弱っちぃイメージのジム』がとても良く再現されていて、
これぞジム!と呼びたくなる傑作キットだと思います。
私は今回そんな弱いイメージのジムを塗装でどこまでカッコ良く魅せられるか
ということを目標に製作いたしました。
エース機という設定なので、機体の装備と機動力を少しだけチューンアップされていると仮定し、
ランドセルにバーニアを2基増加し、計4発の高機動型としました。
更に、バニング大尉は突撃&囮作戦を得意としていたという設定で、突撃する際の装備として、
防御力アップのためのダブルシールドと撹乱させるためのダブルビームスプレーガンを追加しております。
また、頭部も一般機より性能の向上したセンサーを装備していたという設定で、
バイザー奥にツインアイのように見える感じにメタリック塗装を施してみました。
のっぺりした一般機のジムヘッドと比べて、多少鋭い目付きのように感じられるかと思います♪
バニング大尉のように渋く強い漢のイメージでカラーアレンジしてみた今回のジムですが、
一般機に比べてなかなか強そうに見えるようになったかな、と自分なりに満足しております☆
やはり量産機はこういった妄想設定をして遊ぶ楽しみがあって最高に楽しいですね!
また機会があれば、是非他の機体でもチャレンジしてみたいと思います(≧∇≦)


以上、最後まで長々とご覧頂きましてどうもありがとうございました!

また次回作も頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します!(人´∀`)☆
スポンサーサイト

ガンプラ最新情報です♪

みなさんこんばんは!

ここの所涼しくてホッとしていたら、
今日はまたまた暑い夏に戻ってしまいましたね~(⌒_⌒;
でも天気が回復して何よりです。
私はこれからジムの塗装に入ろうと思ってます♪

ところで、最新のガンプラ情報をキャッチしたので早速お知らせいたします!

まず、MGフルアーマーユニコーンガンダムVer.Kaが決定しました!!
タクヤが考案したこの『追加装甲無しのフルアーマー』
私は個人的にはあまり好きではないのですが、
とりあえず買って作ることは間違いありません(笑)
それにしても、
ただでさえパーツ数がハンパじゃないMGユニコーンに、
更にあのゴテゴテ武装が付くとなると、
もう気が遠くなるような作業量になることは必至ですが、
今から覚悟を決めて頑張ろうと思います!w

ユニコーンの最終決戦仕様は小説版とアニメ版では
武装なり見た目なりがガラッと変わったりしないかなぁ~なんて
ちょっと期待したりしてたんですが、
このタイミングでフルアーマーがキット化するということは
アニメでもほとんど変わることなく登場しそうですねぇ。
まぁ、画面で動いてるシーンを見れば好きになるのかな?(笑)

そして、ついに!HGUCドラッツェが決まりましたぁぁあ!!
こちらは11月発売予定だそうです。
0083登場時から脚のない独特の形状が何とも言えないカッコ良さで
大好きなMSだったんですが、
ようやくキット化されることになって本当に嬉しいです☆
キットには専用台座も付属するとのことなので、ディスプレイも決まりそうですね!
いやぁ楽しみだなこりゃ(笑)

最後はHGUC ゼー・ズールです! こちらも11月発売予定
おそらくエピソード4で活躍しまくりの水中用MSですね☆
キットは陸戦状態も再現可能とのことでかなり期待できそうです!
小説を読んだ方なら分かると思いますが、
水中での戦いっぷりが非常にカッコイイMSです♪

ユニコーンにも登場するドラッツェと
最新エピソードに登場するゼー・ズールという
非常にタイムリーなリリース構成が素晴らしいですね♪

どのキットも今からとても楽しみです(人´∀`)☆

というわけで、ガンプラ最新情報でした!!






次回作発表します!

みなさんこんにちは(^▽^)o

ここのところ涼しい日が続いて模型製作がはかどりますね☆

さてさて、次回作なのですが、
前回ガンダムVer.2.0を作ってみて、
そのキットの完成度の高さにすっかり気を良くしてしまいましたのでw
次回はジムVer.2.0で行きます!

劇中では見事なやられ役として弱っちぃ~イメージの強いMSですが、
ここは一つ連邦軍の主力MSとして、
カッコイイジムに仕上げてやりたいと思いますので、
どうぞお楽しみに!

MG ガンダムVer2.0ロールアウト!

みなさんこんにちは!

MGガンダムVer.2.0、無事完成いたしました
実は、今回が私にとって初のVer.2.0シリーズの製作だったりします(//∇//)
キット自体は発売日に入手していたのですがなかなか製作時間が取れず、
更にその後の新作キットの波にものまれてしまい、
今になってようやく完成にこぎつけたというわけでありますW

このキットが発売されたのって、もう3年も前なんですね(( ;゚Д゚))
うちにはまだまだ積みプラの山がそびえたっているので、
これからもガンガン崩していきたいと思います!(笑)

今回Ver.2.0を組んでみた感想ですが、
まず思ったのは『良く出来てる!』ってことですね☆
具体的に何が良く出来ているかというと、
組み立てやすいパーツ構成と、見た目の印象以上の密度感
そしてなんと言っても素晴らしいのが可動範囲の広さです!
これまで様々なファーストガンダムがMGでリリースされましたが、
ここまで劇中のポーズを思い通りに再現できるキットは他にはありません!
また、プロポーションも原作のふっくら丸みのある体型を意識して作られており、
個人的にはとても好感が持てました♪
というわけで、このガンダムVer.2.0、かなりオススメです!
原作志向のプロポーションに関しては好みが分かれる所だとは思いますが、
可動とギミックだけでも是非体験してもらいたい傑作キットですので、
是非皆様も作ってみてはいかがでしょうか(≧∇≦)

それでは、さっそく画像をお楽しみください♪

pict-WS000140.jpg

コアファイターです。コアブロックへの変形もスムーズでプロポーションも素晴らしいと思います。
pict-01okIMGP0632.jpg

pict-02OKIMGP0658.jpg

pict-03OKIMGP0660.jpg

ガンダムとのツーショット。
pict-00IMGP0640.jpg

シンプル過ぎるくらいシンプルな外観。だが、これが実にイイ!
pict-OKIMGP0670.jpg

バックパックのマイナスモールドは別パーツ化、バーニアは二重化してあります。
pict-OKIMGP0677.jpg

フル装備状態。
pict-OKIMGP0682.jpg

最高
pict-OKIMGP0695.jpg

pict-OKIMGP0699.jpg

ビームジャベリン!あまり出番はありませんが、なんだか好きなんですよねぇ、これ(笑)
ちなみに、キットは無色のクリアーパーツなので素組み派の方もここだけは塗装した方が良いかと思います!
pict-OKIMGP0750.jpg

指はいつも通り全て切り離して独立可動化しました。更に各指の関節も動くのでポージングが決まる決まる!
pict-OKIMGPOK0753.jpg

pict-okIMGP0773.jpg

pict-okIMGP0777.jpg

バズーカも細かく塗り分けして存在感アップ
pict-okIMGP0782.jpg

ホントはダブルバズーカ装備にしてア・バオア・クー攻略戦時の最終決戦仕様にしたかったのですが、
代用できるバズーカが余ってなかったので今回は断念しました(/□\*)
pict-okIMGP0788.jpg

やっぱりカッコイイですね、バズーカは!個人的には格闘装備の方が好きですが、バズーカは特別
pict-okIMGP0786.jpg

HYPERBAZOOKA with BEAM RIFLE
pict-okIMGP0798.jpg

スーパーナパームですよ!ナント弾頭まで別パーツの素晴らしさ☆
pict-OKIMGP0702.jpg

ライフルも数色使用して存在感大幅アップ!なんたってガンダムを最強たらしめた主力武装ですからね!
pict-OKIMGP0705.jpg

pict-OKIMGP0708.jpg

pict-OKIMGP0713.jpg

pict-okIMGP0756.jpg

pict-okIMGP0760.jpg

pict-OKIMGP0725.jpg

恒例の足裏塗り分けです☆
pict-OKIMGP0715.jpg

広い可動範囲のおかげで立ち膝ポーズもすごく自然に決まってしまうこの素晴らしさ!
pict-OKIMGP0718.jpg

このおっきな手が好きです(笑)
pict-OKIMGP0721.jpg

pict-OKIMGP0724.jpg

pict-OKIMGP0727.jpg

pict-OKIMGP0741.jpg

pict-OKIMGP0742.jpg

以上、MG ガンダムVer2.0でした!
最後までご覧頂きましてどうもありがとうございます!
本当にオススメのキットですので、是非作ってみて下さいね(≧∇≦)ゞ

なお、こちらの完成品は秋葉原にあるホビーショップの『ボークス』
レンタルケースコーナーのケースNo.613に出品しております!

よろしければ是非実物もご覧ください!
ご覧になった方からのご意見やご感想などもお待ちしております(人´∀`)

それでは、次回作も頑張ります!
ありがとうございました(≧∇≦)ゞ





次回作発表します!

みなさんこんばんは(≧∀≦)ノ

夏真っ盛りですね~。
毎日暑くてガンプラ作りもなかなか集中し辛いですが、
何とか頑張って作ってますW

今月末にはHGシャイニング&師匠の発売も控えてますので、
気合い入れて暑さを乗り切ろうと思います!

さて、私の次回作なのですが、
『ガンダム ジ オリジン』のアニメ化決定や、
お台場のバラバラガンダムなどで再び脚光を浴び始めたファーストガンダムを祝して、
MG ガンダムver.2.0 で行きます!

製作は順調に進んでおりますので、
近いうちに完成写真もアップできるかと思います♪

MGでは過去いくつもの『ガンダム』がリリースされていますが、
このVer.2.0は最もアニメ版のプロポーションに近く、
非常に親しみの持てるスタイルでまとめられています。
少し前のキットですが、ギミックや内部機構は今見ても全く色あせない傑作キットだと思います。

今回も奇をてらわず、
あくまでも丁寧に、綺麗に仕上げることを目標に製作しております。

それでは、更新まで今しばらくお待ちください(≧∇≦)ゞ








デルタプラス、ロールアウト!

こんにちは!
MGデルタプラス完成いたしました!

今回は一部の塗り分けなどはオリジナルカラーで塗装いたしましたが、
その他はほぼ設定どおりの配色で仕上げております。

デルタプラスは小説版とアニメ版ではプロポーションや色味がかなり違うので、
好みも個人差がかなり大きいMSだと思います。
私はどちらかというと小説版のイメージの方が強いのですが、
キットの方は成形色やプロポーションなど主にアニメ版に準拠して立体化されているようです。
キットの出来は素晴らしく、変形もスムーズでとてもカッコイイです
難点を挙げるとすれば、
複雑な変形機構があるため、MS時の可動範囲がかなり制約されてしまうという点くらいです。
尤も、これは変形MSという特性を踏まえれば仕方がないと思うので、
いずれ変形をオミットして可動とプロポーションに特化したデルタプラスを作ってみたいと思います(≧∇≦)

では、早速ですが画像をご覧ください!
(今回は時間の都合上ウェイブライダー形態の写真は撮れませんでした...大変申し訳ありませんm(_ _)m)

pict-WS000164.jpg

百式の面影を色濃く残す独特のスタイルは何度見てもカッコイイですね~!
pict-ok IMGP0547

背部のバインダーが結構重いので、自立は意外と難しいです(´∀`;A
pict-ok IMGP0556

pict-ok IMGP0561

フル装備状態。最高にカッコイイMSですね。
pict-ok IMGP0576

限りなくシンプルに』をモットーの私ですが、
今回は額とシールドにのみマーキングデカールを貼っております♪
pict-ok IMGP0581

指は全て切り離し、独立可動化しました。『俺のこの手が光って唸る!』
pict-pict-okIMGP0609.jpg

スネのシリンダーはメタリック2色で塗り分けております。
個人的にこのスネ部分はデルタプラスのチャームポイントだと思っています(笑)
pict-ok IMGP0563

足裏も丁寧に塗り分けました。でも設定とは違いますよW
pict-ok IMGP0587

ビームライフルも都合5色で塗り分けました。こちらも完全にオリジナル設定です(//∇//)
pict-okIMGP0596.jpg

額のマーキングが気に入っています☆
pict-ok IMGP0552

pict-ok IMGP0585

pict-ok IMGP0586

pict-ok IMGP0600

pict-ok IMGP0603

pict-ok IMGP0605

pict-okIMGP0588.jpg

pict-okIMGP0592.jpg

pict-okIMGP0589.jpg

以上、MGデルタプラスでした。
最後までご覧いただきましてありがとうござます!

ウェイブライダー形態がお見せできなくてホントに申し訳ありません(o´д人))
次回作る時は是非掲載したいと思います!
ちなみに、仮組みの時に変形させた時の感想は、めちゃめちゃカッコイイの一言です☆
これほど完璧な変形なら可動が犠牲になっても仕方ないかな、と思えるくらいの素晴らしさです!
本当に良く出来ているキットなので、
皆様も機会がありましたら是非組んでみることをオススメします☆
劇中でもこれから活躍しまくりですしね(≧∇≦)

というわけで、MGデルタプラスでした!

こちらの商品は只今秋葉原にあるレンタルケースショップのアストップZ-1のケースに出展しております。
よろしければ是非実物もご覧ください!
ご意見ご感想など頂けると幸いです!

それでは、次回作も頑張ります!
ありがとうございました(≧∇≦)ゞ









次回作発表します!

こんにちは!

ここ数日暑い日が続いており、
模型製作には辛いですね~(A;´・ω・)

そういえば、
あの『1/1お台場ガンダム』がこの夏また帰ってくるみたいですよ(σ^▽^)σ
しかも今度はバラ(笑)
パーツごとにバラバラに設置するらしく、
ガンダムの手に乗って記念写真が出来る!みたいなイメージ画像もありますW

WS000129.jpg
詳しくは専用HPをご参照ください♪
そうそう、今回の開催期間は8月13日(土)~ 8月21日(日) の9日間とかなり短めらしいので、
興味のある方はお見逃しなく(≧∇≦)ゞ


さて、本題の次回作の話題に入ります!
次回作はユニコーンで今後大活躍するあのMS
           MGデルタプラスです
WS000132.jpg

デルタプラスは個人的にも大好きなMSなので、
頑張ってカッコ良く仕上げたいと思います(人´∀`)
お楽しみに!




RG ZAKUⅡロールアウト!

みなさんこんにちは!
RGザクⅡが完成いたしましたので、画像をアップ致します☆

今回はRGということで特にディテールアップなどは行わず、
素体の良さを引き出す方向で製作いたしました。

RGシリーズもこの量産型ザクで4体目。
次回の新作はフリーダムガンダムに決定しており、ますます目が離せませんね!

今回のザクは以前のシャアザクと内容はほぼ同じですが、
新たに武器用の持ち手が増えたことで武器の保持力が格段に上がっています。
パネルライン毎に分割された精密なパーツ群は、
好き嫌いは分かれるかもしれませんが、相変わらず見ているだけで十分楽しめます♪
可動に関しても文句のつけようがないくらい良く動くので、
ほぼ思い通りのポージングでディスプレイすることが出来ると思います。
ただ、腰のサイドアーマーなど動かすとポロリしやすい個所もあるので、
ガンガン動かして遊ぶにはあまり向いていないかもしれませんね(⌒_⌒;
それでもこの可動範囲の広さは本当に素晴らしいので、
是非皆様も実際に組んで遊んでみて下さい!
1/144でこの可動は本当に感動モノですよ(≧∇≦)

それでは画像の方をどうぞ!

WS000127.jpg

ザクは動力パイプの処理が面倒ですね。ホントに、メンドイ!(笑)
pict-OK IMGP0314

本体色は計4色で塗り分けております。アニメ設定に準拠して塗ってみるのも良さそうですね♪
pict-OK IMGP0330

pict-OK IMGP0337

フル装備状態
pict-OK IMGP0350

pict-OK IMGP0354

pict-OK IMGP0357

ライフルは4色で塗り分けております。
pict-OK IMGP0367

可動範囲が広いのでショルダータックルのポージングもスムーズ
pict-OK IMGP0373

pict-OK IMGP0381

pict-OK IMGP0387

pict-OK IMGP0388

pict-OK IMGP0397

pict-OK IMGP0403

pict-OK IMGP0406

pict-OK IMGP0420

バズーカもライフルと同じく4色で塗り分けています。バズーカは砲身を後ハメ加工しました。
pict-OK IMGP0434

pict-OK IMGP0439

pict-OK IMGP0441

pict-OK IMGP0447

足裏はキッチリ塗り分けして情報量アップ!
pict-OK IMGP0450

pict-OK IMGP0467

pict-OK IMGP0469

pict-OK IMGP0513

以上、RGザクⅡでした!
最後までご覧頂きまして、ありがとうございます!

相変わらずRGは作りごたえがありますが、
完成後にいじって遊ぶのがめちゃめちゃ楽しいので、
まだ組んだことのない方は是非是非!体験してみて下さいね☆

それではまた!



P.S.
ビッグサンダーさん、キットの提供どうもありがとうございました(≧∇≦)ゞ




RGザクⅡ完成間近!

こんにちは(^○^)/
只今製作中のRGザクⅡですが、
本塗装が終わり、残るはスミ入れ作業とトップコートのみとなっております♪
今回は自分なりにほぼ狙い通りの色が出せたので、カラーリングの仕上がりには満足しています☆
おそらく明日には完成写真をアップ出来ると思いますので、もう少々お待ち下さい(=^_^=)

WS000125.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。