☆4月のイベント参加のお知らせ☆

みなさんこんばんは!

本日MGバンシィが届いてテンション↑の熊太郎ですw
バンシィはHGUC版もすごくカッコイイ出来でしたが、
MG版は新武装のアームド・アーマーBS・VNがそれぞれ展開可能で、
さすがMG!と言えるギミックが満載でとても楽しそうなキットです♪
多分完成はジュアッグよりも後になると思いますが、
HG以上にカッコ良く仕上げてやりたいと思います(人´∀`)

さて、本日はATELIER ARISTOのイベント参加のお知らせがあります。
来る4月8日(日)、東京都立産業貿易センタービルにて、
ホビーメーカーのボークス主催による
『HOBBY ROUND7』というイベントの
フリーマーケットに参加することが決定いたしました!
詳細はコチラ
pict-WS000235_20120325223126.jpg
当日はガンプラの完成品を数体販売する予定でおります♪
また詳細が決まり次第発表いたしますので、
ちょくちょく覗いてみて頂ければと思います。

それではまた!(≧∇≦)ゞ

スポンサーサイト

今後の製作予定など

みなさんこんばんは!

現在製作のご依頼を頂いている作品の製作を中心に行っておりまして、
しばらく更新が滞ってしまいました。申し訳ありません_<(_ _)>

以前紹介させて頂きました『メッキ落とし講座』ですが、
お陰さまで皆様にご好評頂けたようでとても嬉しく思っております☆
今後も私なりにアドバイスできるようなことがあったら、
積極的にお伝えしていこうと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いします(人´∀`)☆

さて、今回は私の今後の製作予定を簡単にご紹介いたします♪
今月はHG・MG共にユニコーン系のニューキットのリリースが目白押しで、
宇宙世紀ファンには何とも嬉しい状況になってますネ!♪d(´▽`)b♪

そんな中、私が製作を予定しているのは、
まずMGユニコーンガンダムバンシィ!これはもう鉄板ですねw
HG版も製作しましたが、漆黒のボディカラーをどのような方向で仕上げようか検討中です♪

pict-WS000228_20120324002946.jpg

次は今月の本命キット、HGUCジュアッグ!です☆
ep4冒頭でのシビれる活躍が忘れられないこの英雄、是非ジムⅢと並べてやりたいですね☆
pict-WS000229_20120324002945.jpg

上記の新作以外にも、製作中のMGアサルトシュラウド・HGδガンダムなどなど、
色々と製作していきますので、ちょくちょくチェックして頂けたらと思います♪

それでは、また近々アップします!(≧∇≦)ゞ

『君も一緒にメッキ落とす・ゾ!』

みなさんこんばんは!

本日は昨日お伝えした通り、
HGUCδガンダムを使って『誰でも出来るメッキ落とし講座』を開催します!\(⌒▽⌒)/
メッキ落としはやり方さえ覚えてしまえば全然難しいことではないので、
「やってみたいけどちょっと自信がない。。。」という方は是非こちらを参考にしてトライして見て下さい!
きっと思ってたよりも簡単に出来ると思います☆

それでは早速始めていきましょう♪

ところで、メッキ落としといっても、
何故それをやる必要があるのか?ということを知らなければ、
やる意味が全くありませんので、
まずはメッキ落としをすることのメリットから簡単にご説明したいと思います。
メッキ落としのメリットには、主に以下のようなものが挙げられます。

・パーツ同士を接着剤で綺麗に接着可能になる!
・ゲート跡の処理が可能になる!
・メッキの上からでは綺麗に乗らなかった塗料が、通常の塗装と同じ要領で塗れる!
・目立つ合せ目の処理がいつも通り出来る!
・メッキ塗装の塗膜を落とすことで、ヒケ処理が可能になる!
・普通は見ることの出来ない下地が見れて、ドキドキ感が味わえる!

と、こんなところでしょうか。
要するに、メッキを落とすことで普通のプラの状態に戻すだけですので、
メッキがあるせいで出来なかったことが普通に出来るようになる、ということですね!

それでは、早速メッキ落としの方法を説明していきます!

ACT1 - 道具を揃える・ゾ! -

まずは、作業を始める前に最低限必要な道具を準備しましょう!
それぞれどのような用途に使うのか説明しながら確認していきたいと思います。

①ランナーが入るサイズのビニール袋やタッパ
 パーツをシンナー漬けにするために、ランナーとシンナーを入れる容器として使用します。
 今回はビニール袋を使用しましたが、タッパの方が臭い漏れ防止効果や作業性が高いでしょう。

②塗料用シンナー
 メッキ塗装の上にコーティングされている塗料を落とす為に使用します。
 これがなければメッキを落とすことは出来ません。

③塩素系漂白剤
 メッキ塗装を落とす為に使用します。キッチンハイターやキレイキレイなどで結構です。

以上の3点はメッキ落としの作業には必須ですので、事前に必ずご用意下さい。

ACT2 - クリアー塗装(ラッカー層)を落とす・ゾ! -
 
では、実際に作業に入ってみましょう!
まずは第一段階として、メッキ塗装の上に塗られている、クリアー塗装を落とす作業から入ります。
バンダイのメッキ塗装の商品というのは、
基本的にメッキ塗装の下地の上にクリアー塗料を乗せることで色を付けています。
つまり、まず外側のクリアー塗装を落とさないことには、メッキ塗装を落とすことは出来ないのです。

では、早速クリアー塗装を落とす作業を見てみましょう!

まず、塗料用シンナーと、ランナーを入れる容器を用意します。
pict-WS000210.jpg

次に、ランナーを容器に入れて、パーツ全体が浸るようにシンナーを入れます。
pict-WS000211.jpg

そして、容器をしっかりと持ちパーツ全体にシンナーが届くよう強く振ります。
※あまり長時間パーツをシンナーに漬けているとパーツがもろくなり破損の原因となりますので、
  クリアー塗装が落ちたらすぐに出しましょう!

pict-WS000209.jpg

クリアー塗装が完全に落ちました。次に漂白剤に漬ける準備として、
洗面所などに水をためてランナーを入れておきましょう。

pict-WS000208.jpg

ここまでで完全にクリアー層は落とすことが出来ました。
この工程を省いていきなり漂白剤に漬けても綺麗にメッキを落とすことは出来ませんので、ご注意下さい!

ACT3 - メッキ塗装を落とす・ゾ! -

さて、次はいよいよ最終段階のメッキ落としです!
前の作業でクリアー塗装が綺麗に落ちると、ピカピカのシルバーメッキが現れます。
ここまでくればあとは漂白剤で簡単に落とすことができますので、ゴールは目前です!

漂白剤は水で約2倍程度に薄め、その中にメッキパーツを漬けます
本当なら原液で漬けた方が圧倒的に早くメッキは落ちるのですが、
原液だと比重の関係でプラスチックがプカプカと上に浮いてきてしまうんですね。
そうすると浸かっていない部分のメッキが取れなくなってしまいますので、
それを防ぐために水で希釈し、パーツが浮いてくるのを防ぎます。
急いでる方は原液に漬けて上から重しを乗せるという方法でもいいと思います。(こっちの方がいいか!w)

では、実際の手順を見てみましょう!

まずは漂白剤を2倍程度に希釈します。
pict-WS000206.jpg

あとはメッキが完全に剥がれるまで待つだけ!
pict-WS000204.jpg

ジャジャーン!!完成です!
完全にメッキが落ちて本来のパーツの姿に戻りましたね!

pict-WS000207.jpg


本当はこんな色だったんだねキミ(*ノ∀`*)ノ
pict-WS000205.jpg


以上、緊急特別企画、誰でも出来るメッキ落とし講座『君も一緒にメッキ落とす・ゾ!』でした~!♪d(´▽`)b♪
いかがでしたでしょうか?
全然難しいことは無いんだな!ということが少しでも伝われば幸いです♪

普段使わない物を用意しなきゃいけなかったり、
臭いがキツかったり、少し時間のかかる作業だったりと、
決して楽しい作業ではありませんが、やり方さえ覚えてしまえば簡単ですので、
興味がある方は是非試してみて下さい!

それではまた(≧∇≦)ゞ

次回予告!

みなさんこんばんは!

なんだか花粉症になってしまったっぽい熊太郎です(´Д`;) 
去年までは何ともなかったんですが、
何だか最近目がすごく痒くてしょぼしょぼして、くしゃみや鼻水が出ます。。。
これは、完全に花粉症の兆候ですね(´-ω-`;)

このせいで製作のペースがかなり落ちてますが、
そんなことも言ってられませんので、何とか出来ることをやってます!

とういことで、突然ですが、
次回予告です!

次回は発売されて間もないHGUCδガンダムのキットを使って、
誰でもできる!簡単メッキ落とし講座、
『君も一緒にメッキ落とす・ゾ!』
を開催いたします!(笑)

実はあのキットが発売されてから、
メッキの簡単な落とし方を教えて欲しい!という要望を頂きまして、
それならば!ということで、画像付きでメッキ落としのHOW TO特集を開こう!と思いました♪

最初にお断りしておきますが、
δガンダムのキットはピッカピカのとても綺麗なメッキ加工が施されていて、
これはこれですごくカッコイイです☆

ただ、どうしても合せ目が出てしまう箇所がいくつかありますし、
何よりδガンダムを『自分なりのカラーで仕上げたい!』という方も
おそらくたくさんいらっしゃると思います。(いない?w)

そんな方の為に、
次回の講座ではこれさえやればメッキは誰でも簡単に落とせるのだ!ということを、
ザッ!と簡単に説明いたします!
やり方としては全然新しい事はないので、すでに知ってる方には何の新鮮味も無い特集ですw
でも、これからやってみようかどうか悩んでる方には、
かなり分かりやすい説明になるかと思いますので、是非参考にして頂ければと思います♪

というわけで、次回『君も一緒にメッキ落とす・ゾ!』、どうぞお楽しみに(≧∇≦)ゞ

MGデュエルアサルトシュラウド、まもなく塗装に入ります!

みなさんこんにちは!

現在製作中のMGガンダムアサルトシュラウドですが、
只今全パーツの表面処理を終えて塗装準備に入っており、
明日には塗装作業に移る予定です!
ロールアウトは来週の半ばくらいを予定しておりますので、どうぞお楽しみに!

ところで、先日HGUCのデルタガンダムが発売されましたね☆
WS000196.jpg


このキットはメッキ仕様ということで、
通常のHGシリーズよりもかなり割高な商品となってますが、
私はあえてメッキを落として、別カラーにて製作してみようと思っております(´▽`)b
金ピカの機体も勿論カッコイイですが、
δガンダムは完全に試作機(実在したかも不明)ということなので、
カラーリングの自由度はかなり広く解釈してもOKだろうと考えています♪
まだ製作開始時期は未定ですが、
おそらくアサルトシュラウドの次はコレで行くと思います(=^_^=)

それでは、また近々アップします(≧∇≦)ゞ


次回作発表!

みなさんこんにちは!

ちょっと体調を壊しておりまして、久しぶりの更新になってしまいました(;´艸`)
さて、今回は次回作についてご案内させて頂きます!

次回作は、SEEDではいっつもフッ飛ばされたり蹴られたりで大活躍wの
MGデュエルガンダムアサルトシュラウドです!
pict-89277.jpg

でも、後半アサルトシュラウドを装備してからは、
フォビドゥンやレイダーを撃墜するなどカッコイイ見せ場もあったし、
何と言っても初期GATシリーズでは大戦後唯一、
ほぼ無傷の状態で生き残った栄誉ある機体でもあったりします♪

模型的に面白いのは、デュエル本体はPS装甲(Phase Shift Armor)搭載MSなので、
パイロットの意思によって電圧の変化を意図的に操作出来ると仮定すれば、
自由なカラーリングに塗装しても全く嘘が無い(よね?)という点でしょうか☆(≧∇≦)キャー燃える♪
ただ、アサルトシュラウドは非PS装甲なので、あまり設定から変えると不自然ですけどね(笑)

というわけで、果たしてどんな仕上がりになるのか?MGアサルトシュラウド、どうぞご期待下さい!

- ガンプラの製作代行承ります -

みなさんこんにちは!

突然ではありますが、
本日は以前より多数お問い合わせを頂いておりました
ガンプラの製作代行について、ATELIER ARISTOからお知らせがございます。

実は製作代行はずっと検討していたのですが、
今までは時間的な都合でお受けすることが出来ませんでした。

しかしこの度状況が変わりまして、
ある程度まとまった時間を取ることが可能となりましたので、
製作代行を承る準備を整えることが出来ました。

そこで、本日よりATELIER ARISTOは、
ガンプラの製作代行を正式に開始させて頂こうと思います。

つきましては、
製作の依頼を検討されている方は、下記Eメールまでお気軽にお問い合わせください。
折り返しメールにて製作方法やお見積りに関するご案内をさせて頂きます。

皆様にご満足いただける作品をご提供出来るよう頑張りますので、
どうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

ご依頼・ご相談はこちらまで!【お手数ですが、件名の先頭には(製作依頼)とご記入下さい】
aristo-v300@jcom.home.ne.jp


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。