MGシナンジュ、ロールアウト!

みなさんこんにちは!

なんとか撮影大会も終了し、
ようやくMGシナンジュの完成報告の準備が整いました☆(人´∀`)

今回の製作で目指したのは、ずばり『高級感』です。
ただでさえ、その派手な装飾と独特のフォルムで
全身から際立った存在感を放つシナンジュですが、
その存在感を模型的によりラグジュアリーな雰囲気に表現するには?
という課題を設け、次の2点に留意して製作を進めました。

①質感にこだわる。
②ディテールにこだわる。


①に関しては主に本体レッドの色味とツヤの仕上がりについての課題です。
こちらに関しては、今回はアニメ版の劇中イメージを重視して、
真紅のボディをツヤ有りで塗装することとしました。

②は、シナンジュ最大の見せ場でもあるエングレービング部分の表現についての課題です。
この課題に関する結果は以前の記事で詳しく述べておりますが、
ゴールド塗装した上にエナメルブラックを乗せ、装飾部分のブラックを拭き取るという方法を実施しました。
結果、この方法はマスキングに比べて大変効率良く且つ、綺麗に仕上げることに成功しました!
エングレービングの塗装が苦手な方には是非参考にして頂きたい方法です☆

というわけで、今回のシナンジュは高級感あふれる機体というコンセプトで製作しております!

次に、改修ポイントなのですが、
プロポーションに関してはベストと言ってもいいくらいの素晴らしさだと感じましたので、
今回は特に手は加えておりません。
最低限やっておきたい部分改修とディテールアップに力を入れました。
作業内容は以下の通りです。

①首を2.5ミリ延長
②腕部・脚部の各所を開口してディテールアップ
③各バーニアの内部を新造・二重化


元が素晴らしい出来のキットなので、細かい部分のディテールを加えてあげると
更に完成度がアップします。
首は少し短いと感じたので、延長してアゴを引けるように改修しております。

それではMGシナンジュ、ご覧ください!

WS000075_20111102115232.jpg

まずは正面。まさにベストプロポーション!と言っても良いのではないでしょうか!
pict-OKIMGP2960.jpg

背面。このアングルもシナンジュの魅力を存分に発揮しています!
pict-OKIMGP2967.jpg

首を延長したので顎を引いたポージングも自然に行えます。
pict-OKIMGP2959.jpg

以下、アクションポーズです♪
MGシナンジュは可動範囲も広く武装も豊富なのでポージングの幅はかなり広いですよ!
pict-OKIMGP3044_20111102121047.jpg

ただし、ABS関節はかなりキツめなので、あまり快適には動かせません(⌒_⌒;
pict-OKIMGP2975.jpg

巨大なシールドがショルダー裏の隠しフックに装備出来るのがナイスですね!
pict-OKIMGP2979.jpg


pict-OKIMGP2977.jpg

pict-OKIMGP2984.jpg

バーニア内部は全て二重化してディテールアップしています。
pict-OKIMGP2988.jpg

ビームライフルはグレー数色とメタリック塗装で質感の違いを表現。
それにしてもシナンジュのライフルってカッコ良過ぎる!グレネードを装備出来るのも◎
全MSのライフルの中で一番好きなデザインです!バランスが最高ですね!
pict-OKIJIMGP2983.jpg

pict-OKIMGP2993.jpg

pict-OKIMGP3000.jpg

pict-OKIMGP3003.jpg

pict-OKIMGP3006.jpg

pict-OKIMGP3010.jpg

ビームサーベルはグラデーション塗装で温度差を表現してみました。
pict-OKIMGP3013.jpg

ノーム隊長の斬撃をガードしたシーンの再現。あのシーンはどちらもカッコ良かったですね!!
pict-OKIMGP3020.jpg

pict-OKIMGP3021.jpg

pict-OKIMGP3029.jpg

pict-OKIMGP3033.jpg

pict-OKIMGP3031.jpg

ユニコーンといいシナンジュといい、この袖からのビームサーベルの展開は最高にシビれます!
pict-OKIMGP3034.jpg

極め付けはシールドごと巨大武器にしてしまうこの攻撃!
pict-OKIMGP3039.jpg

敵MSを串刺しにするイメージで(≧∇≦)
pict-OKIMGP3043.jpg

以上、MGシナンジュでした!
ご覧頂きましてありがとうございます!

ところで、このシナンジュ、個体差もあるかもしれませんが、
ライフルのグリップの溝と掌のダボを噛み合わせるのがかなり難しく、
ライフルをしっかりと持たせるのが一苦労でした(´ヘ`;)
そこで、その部分に対する私なりの対策を考えてみましたので、
最後に記しておこうと思います。

その対策とは、無理にダボにはめるのではなく、
指だけでライフルを固定させるという方法
です。
ポイントは以下の3点です。

①人差し指をなるべく上に向けてライフルが下を向かないように抑える。
②親指でその人差し指の向きをがっちり固定させる。
③他の指でグリップのブレを防ぐ。


文章だけでお伝えするのは少し難しいので、
下図を参照していただければ幸いです。
WS000076_20111102192055.jpg
どうでしょう?
この方法でライフルを持たせれば、
無理にダボをはめなくてもしっかりとライフルを持たせることが可能になります。
もしライフルを持たせるのに苦労されている方がいましたら、是非お試しください(´▽`)b

さて、このMGシナンジュですが、
本日より秋葉原にあるレンタルケースショップ
アストップラジオ会館店Z-1のケースに
以前製作したMGユニコーンと共に出展しております!
よろしければ是非実物もご覧ください!
ご意見ご感想など頂けると幸いです!

また、模型投稿サイトの『モデラーズギャラリー』にも参加しておりますので、
そちらもよろしくお願い致します☆

それでは、次回作も頑張ります!

ありがとうございました(≧∇≦)ゞ







Comment

おおおおおおお(T-T)
完成ですねぇ(^^)v
凄い!毎度ながら完成度の高い制作技術です~\(^o^)/
僕のサンドロックの次はチャレンジして見ましょう!(確定)
ワタシは武装の安定性を高めるめ、ネオジム磁石を細工してます(^-^)/
明日は、是非拝見にうかがいます~
  • 2011/11/04 13:11
  • アムロなみへえ
  • URL
Re: こんにちは!
アムロなみへえ様

コメント頂きありがとうございます!!
お褒め下さってとても嬉しいです☆

シナンジュはMGの中でもかなりボリュームのあるキットなので、
完成した時の達成感も半端じゃないですね(笑)
また作りたいです!何度でも!(≧∇≦)

なるほど!!ネオジウム磁石ですか!!
それは良いアイデアですね!
確実に保持してくれそうだし、
何より埋め込んでしまえば見えないので、
見た目を壊さないのが最高ですね☆
今度チャレンジしてみます!
素敵な情報ありがとうございます!!

なみへえさんも僕のサンドロックの次はシナンジュでいくのですね!
何と素晴らしい☆
素敵なサンドロックとカッコイイシナンジュ、期待しております!
頑張ってください(≧∇≦)ゞ

それではまた!
  • 2011/11/04 14:46
  • GS430
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。